土田浩翔/麻雀プロの年収は?出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロの土田浩翔さんは最高位戦日本プロ麻雀協会に所属しており、AbemaTVで開催されているMリーグの解説者として活躍されています。

ところで麻雀プロの年収ってどれくらい稼げるのか気になったことありませんか?

 

麻雀好きなら年収によってはプロを目指したいと思う方もいるかもしれませんね。

この記事では、麻雀プロであり、Mリーグの解説者でもある土田浩翔プロの年収をはじめ、出身や結婚の有無などの経歴をまとめています。

 

Mリーグの解説者に選ばれるほどの麻雀プロの年収はいくらくらいなのでしょうか?

 

土田浩翔プロのプロフィール

ここからは土田浩翔プロのプロフィールについてご紹介します。

 

名前:土田浩翔
生年月日:1959年8月5日
出身地:大阪府大阪市
1986年日本プロ麻雀連盟のプロテストに合格

現在は最高位戦日本プロ麻雀協会に所属

土田浩翔プロの年収は?

それでは早速、みんな大好きお金の話をしていきましょうw

麻雀プロであり、Mリーグの解説者でもある土田浩翔プロはいくらくらいの年収を稼いでいるのでしょうか。

 

僕の予想では土田浩翔プロは年収700万ほど稼いでいるのではないかと考えています!

 

年収の算出根拠は?

ここからは土田浩翔プロの年収を算出した根拠について解説していきます!

 

Mリーグでの解説者としての収入

土田浩翔プロはMリーグの解説者として、週に1~2回出演しています。

Mリーグのレギュラーシーズンからファイナルシーズンまでの全試合を合わせると118試合あり、そのうちの4分の1に解説者として出演した場合は、約30回の出演となります。

 

解説料を1回あたりいくらくらいなのかは不明ですが、仮に1回あたり3万円であれば年収約90万、1回あたり5万であれば年収約150万となります。

上記のことから、ここでは土田浩翔プロのMリーグでの解説者としての収入を100万円と予想します。

 

麻雀のタイトル賞金

麻雀のタイトル戦による賞金は300万から10万円ほどまでと幅が広いのですが、土田浩翔プロの過去の成績から考えるとタイトル賞金を獲得する可能性は十分にあると考えられます。

そこで、タイトル戦による賞金の獲得金額を100万円と予想します。

 

メディア出演料など

雑誌やテレビなどのメディア出演や出稿などのギャラも年収に大きく影響を与えます。

解説者としての仕事もMリーグ以外でも活躍されています。

 

さらに土田浩翔プロはプロ雀士の中でもプロ歴が長く、自著の本も複数出版されています。

土田浩翔プロはメディア出演料等のギャラも含めて1年間で300万円ほどもらっているのではないかと予想します。

麻雀教室講師としての収入

土田浩翔プロは麻雀教室の講師としても活躍されています。

こちらの収入に関しても1回あたりいくらの仕事になると思われます。

 

そこで麻雀教室の講師としての年収を200万円と予想します。

土田浩翔プロの経歴紹介

1986年に日本プロ麻雀連盟のプロテストに合格。

独自のトイツ理論「土田システム」が有名で、トイツが1つでもあれば七対子を意識するという土田浩翔プロですが、一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか。

 

土田浩翔プロの学歴

土田浩翔プロは、北海道の小樽商科大学を卒業されています。

麻雀との出会いは小学校1年生の時だそうです。

 

大学卒業直前に出場した「ニッカン・アマ最高位戦」で優勝したことがきっかけでプロ雀士を目指すことを決意したそうです。

それにしても、大阪出身でなぜ北海道の大学なのか?

 

情報はでてきませんでしたが、とても気になるので今後も調べてみたいと思います。

 

土田浩翔プロの結婚歴

土田浩翔プロの結婚についての情報は見つけることができませんでした。

今後、更に詳しく検索して情報が分かり次第更新していきたいと思います!

 

土田浩翔プロのタイトル歴

土田浩翔プロは、Mリーグで解説に呼ばれるほどの麻雀トッププロです。

そんな土田浩翔プロが獲得したタイトルは、

 

  • 鳳凰戦(第11期、第22期)
  • 王位戦(第26期)
  • 最強位(第9期)
  • 十段位(第22期、第23期)
  • プログランプリ(第2回)
  • モンド21杯(第3回、第7回、第8回)
  • モンド21王座決定戦(第4回)

 

土田浩翔は本名ではない

土田浩翔プロは麻雀プロ5年目で改名しており、本名は土田興司といいます。

当時なかなかタイトルを取ることができなかった土田浩翔プロに師匠である仲澤青龍さん姓名判断師を紹介されています。

 

その姓名判断師に、「興司」という名前は「いつも2番手で終わる名前」と評され、「青希」と「浩翔」を提示され、土田浩翔プロは後者を選択し、土田浩翔となります。

 

改名後、その翌年に第2回プログランプリを優勝、タイトル戦初勝利を収めています。

 

土田浩翔プロの動画紹介

ここでは独自のトイツ理論「土田システム」を操る土田浩翔プロの雀風がわかる動画をご紹介します。

 

【ネタバレ注意】

土田浩翔プロの土田システムでは面子手に見えても七対子でいきます!

 

土田浩翔プロの年収、出身や結婚の有無などの経歴まとめ

Mリーグの解説者として活躍中の土田浩翔プロの年収予想は700万円となりました。

実際のところはどれくらいなのかハッキリした数字はわかりませんが、ある程度近い数字ではないかなと思います。

 

結婚に関しての情報はハッキリわかりませんでしたので、今後更に情報があれば追記していきます。

 

土田浩翔プロの解説は分かりやすいだけでなく、長年の経験を生かした推察力が人気の一つです。

今後もMリーグの解説者として、Mリーグが盛り上がるように、また、楽しく、面白い解説で僕たちファンを楽しませてくれると期待しています(^^)

 

エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!が気になる方はこちらのリンクからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA