日向藍子/麻雀プロの年収は?出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロの日向藍子さんは最高位戦日本プロ麻雀協会に所属しており、AbemaTVで開催されているMリーグの渋谷ABEMASからドラフト指名を受け、Mリーガーとして出場が決まっています。

ところで麻雀プロの年収ってどれくらい稼げるのか気になったことありませんか?

 

麻雀好きなら年収によってはプロを目指したいと思う方もいるかもしれませんね。

この記事では、麻雀プロである日向藍子選手の年収をはじめ、出身や結婚の有無などの経歴をまとめています。

 

「ラブフェニックス」の異名もある麻雀プロの年収はいくらくらいなのでしょうか?

 

日向藍子選手のプロフィール

ここからは日向藍子選手のプロフィールについてご紹介します。

 

 

名前:日向藍子
生年月日:1988年9月24日
出身地:長野県芽野市
2011年に最高位戦日本プロ麻雀協会に所属

日向藍子選手の年収は?

早速ですが、みなさんが一番好きなお金の話をしていきますw

日向藍子選手の年収って一体いくらあるのでしょうか。

 

まず日向藍子選手はMリーガーなので、間違いなく年収400万円は確定しています。

それはMリーグにおける選手の最低年棒は400万円以上という規定があることから間違いありません。

 

しかし、僕の予想では日向藍子選手の場合はそれ以上にもらっていると考えています。

では、いくらもらっているのか?

 

僕の予想では、年収700万と予想しています!

 

年収の算出根拠は?

ここからは日向藍子選手の年収が700万円と予想している根拠について解説します。

 

Mリーグでの年棒

Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

日向藍子選手はMリーグ2019のドラフト会議で渋谷ABEMASから指名をもらっています。

 

Mリーグ2019のルール変更でチームの男女混合義務化になったため、女性プロの獲得が必要だった渋谷ABEMASから指名を受けました。

僕の予想では、渋谷ABEMASからの年棒は400万円と予想します!

 

麻雀のタイトル賞金

麻雀のタイトル戦による賞金は300万から10万円ほどまでと幅が広いのですが、日向藍子選手の過去の成績から考えるとタイトル賞金を獲得する可能性は十分にあると考えられます。

そこで、タイトル戦による賞金の獲得金額を100万円と予想します。

 

ちなみにMリーグの優勝賞金はチームで5,000万円。

チームで5,000万円なので仮に手元に入ったのが10%だったとしてもそれだけで500万円。

 

Mリーグの賞金が日向藍子選手の年収を大きく左右する可能性は高いですね!

 

メディア出演料など

雑誌やテレビなどのメディア出演や出稿などのギャラも年収に大きく影響を与えます。

雀荘でのゲストや麻雀大会の解説なども大事な収入源の一つと言えるでしょう。

 

日向藍子選手はメディア出演料等のギャラも含めて1年間で200万円ほどもらっているのではないかと予想します。

日向藍子選手の経歴紹介

2011に最高位戦日本プロ麻雀協会のプロテストに合格し、プロ入り。

普段は持ち前の愛らしい笑顔で周囲を明るくし、喋るのも得意な日向藍子選手ですが、いざ麻雀を打ち始めると、がらりと雰囲気が変わり真剣な表情をすることから「ラブフェニックス」のニックネームを持つ日向藍子選手ですが、一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか。

 

日向藍子選手の学歴

日向藍子選手の学歴に関する詳しい情報はわかりませんでした。

しかし、もともとは将来の夢はアパレル業界での就職を目指していたので、学生時代は服飾科に在籍しデザインを勉強されています。

 

麻雀とは19歳の時に出会い、22歳の時にプロ試験を受けています。

ここからは推測ですが、プロ入り時は麻雀だけで生活できていたとは考えにくいので、他の仕事や雀荘でメンバーとして働いていたのではないかと思います。

 

このへんは詳しい情報が分かり次第更新していきたいと思います!

 

日向藍子選手の結婚歴

日向藍子選手は結婚しています。

2018年12月に自身のツイッターで結婚と妊娠の報告をされています。

 

2019年4月、第一児となる女の子を出産。

現在ではママをしながらMリーグに参加しています。

 

日向藍子選手のタイトル歴

日向藍子選手は、Mリーグでドラフト指名されるほどの麻雀トッププロです。

そんな日向藍子選手が獲得したタイトルは、

 

  • 第1回女流モンド新人戦
  • RTDガールズファイト3
  • プロクイーン決定戦(第16・17期)

 

日向藍子選手の試合動画紹介

ここでは日向藍子選手の雀風を感じることができる動画をご紹介します。

普段は持ち前の愛らしい笑顔で周囲を明るくし、喋るのも得意な日向藍子選手ですが、いざ麻雀を打ち始めると、がらりと雰囲気が変わり真剣な表情をすることから「ラブフェニックス」のニックネームを持つ日向藍子選手はどのような麻雀をするのか気になりますよね!

 

 

【ネタバレ注意】

プロクイーン連覇を決定づけた三倍満炸裂動画です。

こんなアガリができたら気持ちいいですよね~

 

日向藍子選手の年収、出身や結婚の有無などの経歴まとめ

日向藍子選手は、麻雀のプロとして活動するだけでなく、解説やYouTubeなどのマルチな活動をしており、特にYouTube「麻雀ウォッチ」チャンネルでも数多くのファンを持っています。

2018年には結婚され、2019年には娘さんを出産という経験をされ、今では妻であり、ママであり、エムリーガーでもある日向藍子選手。

 

今回の年収予想では700万円と予想しましたが、今後のMリーグでの活躍によっては大きく年収を伸ばす可能性も十分にあります。

 

今後の日向藍子選手の活躍がとても楽しみです!

エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!が気になる方はこちらのリンクからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA