高宮まり/麻雀プロの年収は?出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロの高宮まりさんは日本プロ麻雀連盟に所属しており、AbemaTVで開催されているエムリーグのKONAMI麻雀格闘倶楽部からドラフト指名を受け、Mリーガーとして出場が決まっています。

高宮まり選手はグラビアアイドルとしても有名ですが、そんな高宮まり選手の年収ってどれくらい稼いでいるのか気になったことありませんか?

 

麻雀好きなら年収によってはプロを目指したいと思う方もいるかもしれませんね。

この記事では、麻雀プロである高宮まり選手の年収をはじめ、出身や結婚の有無などの経歴をまとめています。

 

グラビアアイドルでもある麻雀プロの年収はいくらくらいなのでしょうか?

 

高宮まり選手のプロフィール

ここからは高宮まり選手のプロフィールをご紹介します。

 

名前:高宮まり
生年月日:1988年11月8日
出身地:茨城県出身
血液型:O型

3サイズ:B83W59H86
2010年に日本プロ麻雀連盟に入会

グラビアモデルになったきっかけは、日本プロ麻雀連盟のカレンダーを製作する際に大先輩である宮内こずえプロからモデルをやったらどうかと言われたそうです。

半強制的に半ば成り行きで始めてますw

 

しかし、そのおかげでグラビアモデルとしても活躍できるようになりました。

高宮まり選手は、グラビアという角度から麻雀を広げたいという思いもあるそうです。

 

麻雀界の中でもMリーグで活躍するグラビアアイドルということで後輩の女性雀士達からも尊敬されています。

麻雀が強いだけでなく、後輩への育成にも気を掛けている高宮まり選手。

 

自身も先輩に可愛がってもらったから今があるので、自分も少しでも伝えていきたいと考えているそうです。

麻雀と出会って、その出会いがグラビアアイドルとの出会いに繋がり、今がある高宮まり選手は、「麻雀は人生だな」と感じていると密着取材の中でお話しされています。

 

Mリーガーで、グラビアアイドルで、人としても慕われているだったらこれだけ人気のある麻雀プロなのも納得ですね!

高宮まり選手の年収は?

麻雀プロでありながらグラビアモデルの高宮まり選手の年収っていくらくらいあると思いますか?

まず高宮まり選手はMリーガーなので、間違いなく年収400万円は確定しています。

 

それはMリーグにおける選手の最低年棒は400万円以上という規定があることから間違いありません。

しかし、僕の予想では高宮まり選手の場合はそれ以上にもらっていると考えています。

 

では、いくらくらいもらっているのか?

僕の予想では、年収1000万と予想しています!

 

実は高宮まり選手に関しては、2018年に放送された「給与明細」というテレビ番組で年収1,000と発言されています。

この発言はMリーグ開幕前での発言なので、エムリーグでの年棒が含まれている金額かどうか定かではありません。

 

その辺も含めて今回は予想していきたいと思います。

 

年収の算出根拠は?

ここからは高宮まり選手の年収を1000万と予想している根拠について解説します。

 

Mリーグでの年棒

Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

高宮まり選手はMリーグの発足当初のドラフト会議でKONAMI麻雀格闘倶楽部から2位指名をもらっています。

 

トップレベルの麻雀プロである高宮まり選手ですが、世代が近い岡田紗佳選手の年棒が400万円という話があるので、高宮まり選手もそれに近い年棒になると予想します。

僕の予想では、高宮まり選手の年棒は500万円と予想します。

 

麻雀のタイトル賞金

麻雀のタイトル戦による賞金は300万から10万円ほどまでと幅が広いのですが、高宮まり選手の過去の成績から考えるとタイトル賞金を獲得する可能性は十分にあると考えられます。

そこで、タイトル戦による賞金の獲得金額を100万円と予想します。

 

ちなみにMリーグの優勝賞金は5,000万。

Mリーグを優勝するだけでかなりの年収になるので、Mリーグ制覇はMリーガーにとって最大の目標ですね!

 

メディア出演料など

高宮まり選手の年収の大部分は、このメディ出演料などが大きく関係していると考えています。

僕の予想では、グラビア活動と麻雀プロとしての各種メディア出演ギャラや雑誌等の印税、ゲームなどの版権料を合わせると1年で年収500万円ほど稼いでいるのではないかと予想します。

 

先述した2018時点での年収1,000万円を考えるともう少しあってもおかしくなさそうですが、2018年と現在とでは大きく違う点がありあす。

 

それは、高宮まり選手の年齢が30代に突入し、グラビアアイドルとしての活動が減ってきていると考えられるからです。

また、Mリーグに参加していることにより断ることになった仕事もあるかと思います。

高宮まり選手の経歴紹介

2010年に麻雀プロになり、日本プロ麻雀連盟に所属した高宮まり選手。

優しそうな見た目とは裏腹に、攻撃的な思い切りの良い雀風から「淑女なベルセルク」というニックネームを持つ高宮まり選手は、一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか。

 

高宮まり選手の学歴

高宮まり選手についての学歴については詳しい情報は見つけることができませんでした。

麻雀を始めたきっかけは、雀荘でバイトをしていたときにプロ雀士から麻雀の世界の話を聞いて、プロを目指して麻雀を始めたそうです。

 

始めからプロを目指していた高宮まり選手は、麻雀を始めてわずか1年でプロ入りを果たしています。

そこから約8年でMリーガーとなり、麻雀プロの中でもトッププレイヤーとして活躍しています。

 

麻雀に興味を持ったきっかけの1つに「だめんず・うぉかー」という漫画の影響もあったと発言されています。

だめんず・うぉかーという漫画は、「ダメな男ばかり好きになっしまう女」「男の趣味が悪い女」の体験談を書いた漫画なのですが、これをきっかけに麻雀プロを目指そうと思った高宮まり選手もなかなかのモノ好きですね!

 

高宮まり選手の結婚歴

高宮まり選手は結婚されておらず、独身です。

右手薬指に指輪をしていることがあり、恋人や結婚のうわさがされることもあるようですが、指輪の位置は毎回バラバラなのであくまでファッションとして指輪をしているようです。

 

まだまだ恋愛よりは麻雀を優先させているのかもしれませんね!

特にMリーガーとなった現在は、今まで以上に麻雀に対して気合が入っているかもしれませんね。

 

高宮まり選手のタイトル歴

高宮まり選手はMリーグで指名されるほどの実力を持つトッププロの一人です。

そんな高宮まり選手のタイトルは、

 

  • 第11回女流MONDO杯
  • 第8期夕刊フジ杯争奪麻雀女王決定戦(個人戦)
  • 第1回女流プロ麻雀日本シリーズ
  • 地方リーグチャンピオンシップ2019

 

この中でも特に特筆すべきは2013年に初出場した第11回女流MONDO杯では、予選トップの宮内こずえ選手を抑え、2半荘連続トップで初優勝。

このときプロ入りわずか3年目という快挙を成し遂げた高宮まり選手でした。

 

ちなみに高宮まり選手のタイトルの目標は、鳳凰位を取ることだそうです。

 

高宮まり選手の試合動画紹介

ここでは高宮まり選手の雀風を知ることができる動画をご紹介します。


【ネタバレ注意】

親のリーチに対して、強気のドラ切リーチ!

攻撃的な雀風といわれる高宮まり選手の真骨頂が観れる1局です。

思い切りがいいと、運も引き寄せるのかもしれませんね!

 


【ネタバレ注意】

好配牌で攻め時と感じると強烈な鳴きを使用することも。

まさに攻撃は最大の防御ですね。

 


【ネタバレ注意】

こちらはMリーガーの高宮まり選手に密着取材動画。

「淑女のベルセルク」と呼ばれる女の素顔に迫ります。

 

高宮まり選手の年収、出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロとグラビアアイドルの2足の草鞋を履く高宮まり選手ですが、今回改めて経歴を調べてみて雀士としての才能がある方なのだと感じました。

年収もグラビアアイドルとしての活動が大きく影響しているとはいえ、今後はMリーグで大きな賞金を獲得するなど、まだまだ大きく年収を伸ばす要素をお持ちです。

 

また、「鳳凰位を取る」という雀士としての目標もあることから、今後も麻雀に対してひたむきに努力されるのではないでしょうか。

今後の高宮まり選手の活躍が楽しみですね!

 

また、高宮まり選手が所属するKONAMI麻雀格闘倶楽部はエムリーグ2018シーズンではファイナルシーズンに出場したものの、2019シーズンではセミファイナルでは惜しくも敗退してしまいました。

雪辱を誓う2020シーズンは、更に気合を入れて試合に臨まれることが予想されるので、益々楽しみですね!

 

エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!が気になる方はこちらのリンクからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA