エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!

ついに今年もエムリーグ2020のシーズンが開幕しましたね!

この記事では、エムリーグ2020のシーズン優勝者やランキング、MVPについて大胆に予想しています。

 

エムリーグも今年で3年目に突入。

2020年7月27日に行われたドラフト会議では、KADOKAWAサクラナイツが1名の選手を指名したので、2020シーズンは8チーム、計30名で開幕を迎えます。

 

昨年までの対局成績やこれまでの流れを踏まえ、エムリーグ2020のシーズン優勝者やランキング、MVPについての予想したのですが、今年は間違いなくあのチームが優勝し、あの人がMVPになるのではないかと考えています。

 

最新のMリーグ2020の試合結果はコチラからどうぞ!

 

目次

エムリーグ2020の優勝者、ランキング、MVP予想

早速ではありますが、エムリーグ2020の優勝者、ランキング、MVPの予想を発表します

 

エムリーグ2020の優勝者予想

まずは、エムリーグ2020の優勝者予想です。

僕の予想では、

 

セガサミーフェニックス

 

が優勝するのではないかと予想しています。

その理由として、過去のチームの成績とメンバーの個人成績が挙げられます。

 

2018年のレギュラーシーズンこそ6位という結果で終わりましたが、それ以降は安定して上位に食い込んでいます。

2019シーズンのファイナルでは惜しくも2位という結果で終わってしまい、悲願の優勝に向けて2020シーズンは今まで以上に気合が入っていると思われます。

また、個人成績も優秀で、2019シーズンの個人タイトルは、個人スコアと最高スコアをフェニックスの魚谷侑未選手、4着回避率を近藤誠一選手が獲得しています。

 

エムリーグ2020のランキング

次にエムリーグ2020のランキング予想です。

僕の予想では、

 

1位 セガサミーフェニックス
2位 渋谷ABEMAS
3位 KADOKAWAサクラナイツ
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部

 

1位は先ほどの優勝者予想でお話しした通りなので、2位以下の理由になります。

このランキング予想をした理由として、

 

  • 過去レギュラーシーズンのチーム成績
  • 2019シーズンの個人成績

 

この2つの観点からランキング予想を考えています。

 

過去レギュラーシーズンのチーム成績

2018レギュラーシーズン、2019レギュラーシーズンを振り返ると、渋谷ABEMASとKONAMI麻雀格闘倶楽部は1番試合数の多いレギュラーシーズンを上位トップ4に2年連続して食い込んでいます。

これは、この2チームがどちらもチームとして安定した麻雀の強さを持っていることだと考えられます。

 

KADOKAWAサクラナイツは2019シーズンからの加入ですが、初出場の中でも安定した強さを見せていた印象があり、今回のランキング予想に名前を挙げました。

 

2019シーズンの個人成績

2019シーズンの個人成績を振り返ると、それぞれのチームの個々の麻雀力の高さが伺えます。

MVPこそ逃しはしましたが、MVPになっていてもおかしくない選手が揃っています。

個々の麻雀の強さもランキングを予想するうえで参考にしました。

 

エムリーグ2020のMVP

最後にエムリーグ2020のMVP予想です。

MVPは個人スコア、最高スコア、4着回避率というそれぞれ3つのタイトルが用意されています。(2019シーズン時点)

 

その中でも個人スコアについてのMVP予想になります。

僕の予想では、

 

【近藤誠一選手】

 

が個人スコアのMVPを獲得するのはないかと考えています。

個人スコアのMVP予想の理由としては、

 

  • 2019シーズンでの4着回避率MVPともう一つのタイトル
  • 役満をアガル運の持ち主

 

この2つの観点からMVP予想を考えています。

 

2019シーズンでの4着回避率MVPともう一つのタイトル

2019シーズンで近藤選手は4着回避率というMVPタイトルを獲得していますが、それだけでなく、実はこの近藤選手は放銃率も1位なんです!

麻雀はアガることも大事ですが、放銃しないことはとても大切なことです。

 

放銃しない=強いと言っても過言ではありません!

エムリーグ2020シーズンの個人スコアMVPは放銃率の低い近藤誠一選手が獲得するのではないでしょうか。

 

役満をアガル運の持ち主

近藤誠一選手は、エムリーグ2019レギュラーシーズンで一番最初に役満をアガッた運の持ち主です。

ちなみに役は大三元。

 

役満は簡単に聴牌することもありませんが、さらにそこからアガルのも至難の業。

そんな役満をエムリーグ2019レギュラーシーズンで1番最初にアガッた近藤誠一選手は、強運の持ち主ではないかと考えました。

 

Mリーグ2020試合結果まとめ!(2021年5月18日追記!最終結果!)

まずは最新のMリーグ2020試合結果によるチーム別順位の状況と個人成績のまとめです。

あなたが応援している又は気になるチーム、選手の順位はいかがですか?

 

今年で3年目になるMリーグですが、毎試合毎試合が全て麻雀トッププロの意地を賭けた白熱の試合が繰り広げられています!

 

2021年3月12日でレギュラーシーズンは終了しておりますので、レギュラーシーズンは最終結果となります。

2021年4月30日でセミファイナルシリーズは終了しておりますので、セミファイナルシリーズは最終結果となります。

2021年5月18日でファイナルシリーズは終了しましたのでMリーグ2020の全ての試合結果を掲載しています。

 

こちらもおススメ!

Mリーグ2020公式ガイドブックで更にMリーグを楽しもう!

 

Mリーグ2020ファイナルシリーズ(2021.5.18)

セミファイナルシリーズの最終チームランキングの結果をご紹介します。

 

順位 チーム名 ポイント ポイント差
1 EX風林火山 242.3
2 KADOKAWAサクラナイツ 103.4 138.9
3 渋谷ABEMAS 101.7 1.7
4 赤坂ドリブンズ ▲59.7 161.4

 

Mリーグファイナルシリーズでは、2021年5月18日に最終対局の結果、EX風林火山がMリーグ2020のチャンピオンとなりました。

ファイナルシリーズ4位で通過したEX風林火山でしたが、特に4連勝をした勝又健志選手の活躍により大逆転の優勝を果たしました!

 

レギュラーシーズン、セミファイナルシリーズと1位通過してきた渋谷ABEMASは最終2日間で首位の座を奪われ3位という悔しい結果となりました。

 

Mリーグ2020ファイナルシリーズの個人成績まとめ(上位5名)2021.5.18現在

Mリーグ2020ファイナルシリーズの個人成績の結果についてご紹介します。

スマホの方は横にスクロールできますよ(^^)

 

順位 チーム名 名前 ポイント 試合数 トップ率 連対率 ラス回避率 最高スコア
1 風林火山 勝又 健志 274.2 7 71.43% 85.71% 85.71% 67.6
2 ドリブンズ 村上 淳 95.7 4 25.00% 100.00% 100.00% 73.1
3 ABEMAS 日向 藍子 70.9 2 50.00% 100.00% 100.00% 60.1
4 風林火山 滝沢 和典 59.5 4 50.00% 50.00% 75.00% 64.0
5 サクラナイツ 岡田 紗佳 14.0 2 00.00% 100.00% 100.00% 12.6

 

ファイナルシリーズのみの個人成績になります。

Mリーグ2020レギュラーシーズンの個人成績、MVPについての詳細はこのあとをご覧ください。

 

Mリーグ2020ファイナルシリーズは7戦中5勝を挙げた勝又健志選手が優勝しました!

 

Mリーグ2020セミファイナルシリーズ(2021.4.30)

セミファイナルシリーズのチームランキングの結果をご紹介します。

 

順位 チーム名 ポイント ポイント差
1 渋谷ABEMAS 536.9
2 KADOKAWAサクラナイツ 294.5 242.4
3 赤坂ドリブンズ 26.6 267.9
4 EX風林火山 ▲82.9 109.5
5 KONAMI麻雀格闘俱楽部 ▲98.3 15.4
6 TEAM雷電 ▲346.1 247.8

 

Mリーグセミファイナルシリーズでは、上位4チームがファイナルシリーズへ進出することができます。

Mリーグ2020開幕当初に僕の優勝予想ではセガサミーフェニックスを予想していましたが、残念ながらレギュラーシーズンでU-NEXT Piratesと共に敗退してしまいました。

 

レギュラーシーズンの結果だけでいうとポイントとしては渋谷ABEMASとKADOKAWAサクラナイツが有利な状況でセミファイナルシリーズが始まりました。

2021年4月30日、セミファイナルシリーズの全ての試合結果によるチームランキングが確定しました!

 

4位までの上位4チームがファイナルシリーズへと駒を進めます!

 

Mリーグ2020セミファイナルシリーズの個人成績まとめ(上位10名)2021.4.30現在

Mリーグ2020セミファイナルシリーズの個人成績の結果についてご紹介します。

スマホの方は横にスクロールできますよ(^^)

 

順位 チーム名 名前 ポイント 試合数 トップ率 連対率 ラス回避率 最高スコア
1 ABEMAS 松本 吉弘 153.3 5 40.00% 80.00% 100.00% 113.7
2 格闘俱楽部 高宮 まり 118.0 4 50.00% 75.00% 75.00% 98.0
3 ABEMAS 多井 隆晴 88.9 4 50.00% 75.00% 100.00% 62.2
4 風林火山 滝沢 和典 60.9 8 37.50% 50.00% 75.00% 65.2
5 ドリブンズ 鈴木 たろう 58.4 5 20.00% 60.00% 100.00% 80.9
6 サクラナイツ 岡田 紗佳 56.7 4 25.00% 50.00% 100.00% 86.1
7 ドリブンズ 園田 賢 52.3 5 20.00% 60.00% 100.00% 81.8
8 風林火山 二階堂 亜樹 43.2 4 25.00% 50.00% 100.00% 59.8
9 サクラナイツ 内川幸太郎 38.9 5 20.00% 60.00% 80.00% 72.0
10 サクラナイツ 堀 慎吾 37.7 4 50.00% 50.00% 50.00% 97.0

 

セミファイナルシリーズのみの個人成績になります。

4月30日、セミファイナルシリーズ全ての試合が終了した結果、ABEMASの松本吉弘選手が個人成績トップとなりました!

 

Mリーグ2020レギュラーシーズンの個人成績、MVPについての詳細はこのあとをご覧ください。

 

Mリーグ2020レギュラーシーズンのチーム順位表(2021.3.12現在)

Mリーグ2020のレギュラーシーズンのチームランキングの結果をご紹介します。

 

順位 チーム名 ポイント ポイント差
1 渋谷ABEMAS 654.7
2 KADOKAWA サクラナイツ 497.3 157.4
3 赤坂ドリブンズ ▲3.2 500.5
4 EX 風林火山 ▲108.8 105.6
5 KONAMI麻雀格闘俱楽部 ▲168.5 59.7
6 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲210.5 42.0
7 U-NEXT Pirates ▲264.3 53.8
8 セガサミーフェニックス ▲396.7 132.4

 

Mリーグのレギュラーシーズンで8チーム中、上位6チームがセミファイナルシリーズへと駒を進めることができます。

セミファイナルシリーズでは6チームから更に上位4チームのみがファイナルシリーズへと進みます。

 

ファイナルシリーズでは、レギュラーシーズン、セミファイナルシリーズを勝ち上がってきた4チームによって行われ、優勝チームを決定します。

2021年3月12日まで行われたレギュラーシーズンの成績は、上記の表通り確定しました。

 

ちなみに僕がMリーグ2020で優勝すると予想しているセガサミーフェニックスは8位となってしまい、レギュラーシーズンでの敗退が確定してしまいました。

優勝候補予想していただけに毎回応援をしていましたが、残念ながら無念の結果となってしまいました。

 

試合には負けてしまいましたが毎回白熱した対局を繰り広げてくれた選手の皆さんには感謝しています。

レギュラーシーズンで敗退してしまったセガサミーフェニックスとU-NEXT Piratesですが来年また優勝目指して熱い戦いをしてくれると思います!

 

僕がなぜセガサミーフェニックスをMリーグ2020のチャンピオンになると予想するのかという理由は、「エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!」で詳しく解説しています!

 

Mリーグ2020レギュラーシーズンの個人成績まとめ(上位10名)2021.3.12現在

Mリーグ2020レギュラーシーズンの個人成績についてご紹介します。

 

順位 チーム名 名前 ポイント 試合数 トップ率 連対率 ラス回避率 最高スコア
1 格闘俱楽部 佐々木 寿人 494.1 30 43.33% 63.33% 83.33% 114.0
2 サクラナイツ 内川 幸太郎 468.7 26 46.15% 61.54% 80.77% 96.7
3 Pirates 小林 剛 337.5 31 19.35% 64.52% 96.77% 79.3
4 サクラナイツ 堀 慎吾 275.6 28 32.14% 64.29% 82.14% 112.9
5 ABEMAS 松本 吉弘 272.5 27 25.93% 62.96% 85.19% 81.0
6 ABEMAS 多井 隆晴 234.4 25 28.00% 68.00% 76.00% 87.8
7 雷電 黒沢 咲 193.3 31 32.26% 51.61% 80.65% 101.3
8 ドリブンズ 村上 淳 122.9 26 30.77% 46.15% 84.62% 79.6
9 フェニックス 茅森 早香 110.2 23 34.78% 52.17% 73.91% 74.2
10 ABEMAS 白鳥 翔 109.7 21 33.33% 52.38% 76.19% 84.7

 

皆さんの推し選手の成績はいかがですか?

2021年3月12日でMリーグ2020のレギュラーシーズンの全ての対局が終了し、KONAMI麻雀格闘俱楽部の佐々木寿人選手がMVPを獲得しました。

 

ラス回避率はPiratesの小林剛選手、最高スコアは格闘俱楽部の佐々木寿人選手となっております。

佐々木寿人選手は特にシーズン中盤から勢いにのり、「魔王」の名のごとくリーチ攻勢で他を圧倒する強さを発揮しました。

 

 

エムリーグ2020シーズンの参加チームは?

エムリーグ2020シーズンに参加するチームを紹介します。

 

  • 赤坂ドリブンズ(アカサカドリブンズ)
  • EX風林火山(イーエックスフウリンカザン)
  • KADOKAWAサクラナイツ(カドカワサクラナイツ) 
  • KONAMI麻雀格闘倶楽部(コナミマージャンファイトクラブ)
  • 渋谷ABEMAS(シブヤアベマズ)
  • セガサミーフェニックス
  • TEAM RAIDEN / 雷電(チームライデン)
  • U-NEXT Pirates(ユーネクストパイレーツ)

 

合計8チームでレギュラーシーズン90試合、レギュラーシーズン上位6チームによるセミファイナル16試合、セミファイナル上位4チームによるファイナル12試合が開催されます。

 

エムリーグ2020シーズンの参加選手は?

エムリーグ2020シーズンに参加する選手をチームごとに紹介します。

赤坂ドリブンズ(アカサカドリブンズ)

 

EX風林火山(イーエックスフウリンカザン)

 

KADOKAWAサクラナイツ(カドカワサクラナイツ)

 

KONAMI麻雀格闘倶楽部(コナミマージャンファイトクラブ)

 

渋谷ABEMAS(シブヤアベマズ)

 

セガサミーフェニックス

 

TEAM RAIDEN / 雷電(チームライデン)

 

U-NEXT Pirates(ユーネクストパイレーツ)

 

エムリーグ2019シーズンのランキングとMVPは?

エムリーグ2019シーズンのランキング結果とMVPは以下の結果となっております。

ファイナルシリーズランキング

  1. Pirates
  2. フェニックス
  3. ABEMAS
  4. サクラナイツ

 

ファイナルシーズンで優勝に輝いたのではPirates。

レギュラーシーズン(6位)、セミファイナル(4位)とボーダーラインギリギリの試合でなんとかファイナルシリーズに出場したPiratesがまさかのファイナルシリーズで逆転優勝。

 

2019シーズンは「麻雀に絶対はない」ということを改めて知ることができたシーズンだったのではないでしょうか。

個人的にはファイナルシリーズ11戦目のPiratesの石橋選手のゲーム回しが優勝の要因だったのではないかと考えています(^^)

MVP

  • 個人スコア 魚谷侑未選手
  • 最高スコア 魚谷侑未選手
  • 4着回避率 近藤誠一選手

 

個人スコア、最高スコア共に魚谷選手がMVPを獲得。

ファイナルシーズン最終戦では放銃してしまい、惜しくもチーム優勝こそできませんでしたが、レギュラーシーズンでは役満を2回もアガるなど好成績を収めました。

 

4着回避率MVPの近藤選手と魚谷選手は同じフェニックスのチームメイト。

2019シーズンのMVPはフェニックスが独占という素晴らしい結果で、個人的にはこれが2020シーズンの優勝を予想する根拠となりました。

 

エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想まとめ

最後に改めてこの記事をまとめると、

エムリーグ2020レギュラーシーズンの優勝者の予想は、

 

セガサミーフェニックス

 

エムリーグ2020レギュラーシーズンのランキング予想は、

 

1位 セガサミーフェニックス
2位 渋谷ABEMAS
3位 KADOKAWAサクラナイツ
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部

 

エムリーグ2020レギュラーシーズンのMVP予想は、

 

【近藤誠一選手】

 

をそれぞれ挙げさせて頂きました。

予想の根拠には、2019シーズンまでの結果を主な根拠としています。

 

さてさて、この大胆予想がどこまで当たるか楽しみなエムリーグ2020シーズンですが、良い意味で期待を裏切るような熱く激しい対局が繰り広げられることを期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA