鈴木たろう/麻雀プロの年収は?出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロの鈴木たろうさんは日本プロ麻雀協会に所属しており、AbemaTVで開催されているMリーグの赤坂ドリブンズからドラフト指名を受け、Mリーガーとして出場が決まっています。

ところで麻雀プロの年収ってどれくらい稼げるのか気になったことありませんか?

 

麻雀好きなら年収によってはプロを目指したいと思う方もいるかもしれませんね。

この記事では、麻雀プロである鈴木たろう選手の年収をはじめ、出身や結婚の有無などの経歴をまとめています。

 

雀王決定戦三連覇の記録を持つ麻雀プロの年収はいくらくらいなのでしょうか?

また、鈴木たろうが本名ではないという噂は本当でしょうか?

そのへんの話もまとめていきます!

 

鈴木たろう選手のプロフィール

ここからは鈴木たろう選手のプロフィールについて紹介します。

 

 

名前:鈴木たろう
生年月日:1973年10月4日
出身地:茨城県水海道市(現在の常総市)
趣味:将棋
1997年に日本プロ麻雀棋士会に入会
2005年に日本プロ麻雀協会に移籍

2020年に最高位戦日本プロ麻雀協会に移籍

 

鈴木たろう選手の年収は?

麻雀プロな中でもトッププロである鈴木たろう選手の年収っていくらくらいあると思いますか?

まず鈴木たろう選手はMリーガーなので、間違いなく年収400万円は確定しています。

 

それはMリーグにおける選手の最低年棒は400万円以上という規定があることから間違いありません。

しかし、僕の予想では鈴木たろう選手の場合はそれ以上にもらっていると考えています。

 

では、いくらもらっているのか?

僕の予想では、年収800万と予想しています!

 

年収の算出根拠は?

ここからは鈴木たろう選手の年収を800万と予想している根拠について解説します。

 

Mリーグでの年棒

Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

鈴木選手はMリーグ発足当初のドラフト会議で赤坂ドリブンズから3位指名をもらっています。

 

また、鈴木たろう選手は雀王決定戦三連覇の記録を持つなどのタイトル歴をお持ちの麻雀トッププロです。

このことから、エムリーグ最低保証年棒の400万円以上の年棒があるのではないでしょうか。

 

また、このようなエピソードもあります。

Мリーグのドラフト会議時、渋谷ABEMAS、U-NEXT Piratesと指名が被り、3チームで交渉権を争った結果赤坂ドリブンズが交渉権を獲得したという経緯があります。

 

3チームから同時指名を受けるほどの選手が最低保証年棒とは考えにくいのではないでしょうか。

僕の予想では赤坂ドリブンズからの年棒は600万円と予想します。

 

麻雀のタイトル賞金

2015年には世界麻雀大会で準優勝するなどの数多くの輝かしいタイトル経歴のある鈴木たろう選手。

麻雀のタイトル戦による賞金は300万から10万円ほどまでと幅が広いのですが、鈴木たろう選手の過去の成績から考えるとタイトル賞金を獲得する可能性は十分にあると考えられます。

 

そこで、タイトル戦による賞金の獲得金額を100万円と予想します。

 

ちなみにMリーグの優勝賞金は5,000万。

赤坂ドリブンズがМリーグで優勝した2018年は、このМリーグの優勝賞金を合わせて1,000万円は軽く超えていたかもしれません。

 

Mリーグが麻雀界に与えている影響は絶大と言えるのではないでしょうか。

 

メディア出演料など

雑誌やテレビなどのメディア出演や出稿などのギャラも年収に大きく影響を与えます。

鈴木たろう選手は自著の本も発売されていることから、メディア出演料等のギャラも含めて1年間で100万円ほどもらっているのではないかと予想します。

 

2020年からはYouTubeのチャンネルも開設し、収益化も達成しています。

動画がバズれば年収はもっと上がるかもしれませんね!

鈴木たろう選手の経歴紹介

1997年に麻雀プロになり日本プロ麻雀棋士会に所属し、2005年からは日本プロ麻雀協会に移籍している鈴木たろう選手。

Aリーガーになったばかりの頃、同じ麻雀プロの小林剛選手村上淳選手と共に「月刊プロ麻雀」誌上で「オカルトバスターズ」を結成し、当時の先輩プロの論理的ではない理論に対しロジカルに反論していた経歴もあります。

 

当時の発言には「麻雀プロの存在を否定するため」プロになったとも語っている鈴木たろう選手。

今では「ゼウスの選択」という異名を持つ鈴木たろう選手ですが、一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか?

 

鈴木たろう選手の学歴

鈴木たろう選手は、高千穂大学を入学、卒業されています。

中学時代には友人たちと麻雀をするようになり、高校時代から麻雀漬けの生活だったそうで、そのせいからか1浪を経験されています。

 

大学時代も変わらず麻雀漬けで、雀荘でバイトをしていたときに日本麻雀愛好クラブの創設者の高橋純子氏と出会い、麻雀プロの世界へ入ることになったそうです。

それにしても中学時代から友人たちと麻雀していたなんて、周りの友人含めて凄いですね~。

 

鈴木たろう選手の結婚歴

鈴木たろう選手の結婚に関する詳しい情報は集めることができませんでしたが、興味深いツイートを見つけました!

鈴木たろう選手は茨城県出身。

元嫁がとの記載から、結婚をしていて、その後離婚されたのではないかと推察できます。

 

麻雀のトッププロが電話のあとに3ラスをひくほどメンタルを崩されたのでしょうか?

とても気にはなりますが、これ以上の詮索をやめておいた方がよさそうですね。。

 

鈴木たろう選手のタイトル歴

鈴木たろう選手は、冒頭でも触れましたが雀王決定戦三連覇の記録を持つなどのタイトルもある麻雀のトッププロです。

鈴木たろう選手が獲得したタイトルは、

 

  • 最強位(第15期)
  • 雀王(第9・11・12・13期)
  • 愛翔位(第4期)
  • 優駿位(第2期)
  • 野口恭一郎賞(第8回)
  • BIG1CUP(第10回)
  • 無双位(第14期)
  • オータムチャンピオンシップ(第10回)
  • 2015世界麻雀大会 2位

 

この中でも特に2012年から2014年までの雀王決定戦三連覇は前人未踏の大記録で、さらに2015年の世界大会で準優勝したことにより、その名前を世界へ轟かせました。

世界大会準優勝は日本人過去最高の成績であり、これほどのタイトルを持っている鈴木たろう選手が現役プロ最強と言われるのも納得ですね!

 

鈴木たろうは本名じゃない?

鈴木たろうという名前は、実は芸名です。

本名はわからなかったのですが、ご本人が本名ではないことを認めています。

 

プロになる前に雀荘で麻雀たろうと呼ばれていたものが、「たろう」になったのだそうで、プロ入りした後も周りから「たろう」と呼ばれていたことからそのまま「たろう」に。

芸名というか、雀ネームみたいな感じですかね?

 

鈴木たろう選手の弱点

鈴木たろう選手は女性に弱いということで有名ですw

だいたいずっとデレデレしているそうですww

 

後ほど紹介する動画に証拠がありますwww

顔は二階堂亜樹選手、身体は高宮まり選手

これこそゼウスの選択!

 

鈴木たろう選手の移籍

鈴木たろう選手はこれまでに2回も麻雀のプロ団体を移籍しています。

これまでの移籍歴は以下の通りです。

 

  • 1997年に日本プロ麻雀棋士会に入会
  • 2005年に日本プロ麻雀協会に移籍
  • 2020年に最高位戦日本プロ麻雀協会に移籍

 

2020年に日本プロ麻雀協会から最高位戦日本プロ麻雀協会に移籍しています。

 

鈴木たろう選手の試合動画紹介

ここでは鈴木たろう選手の雀風を感じることができる動画をご紹介します。

鈴木たろう選手の愛称は「ゼウスの選択」。

もともとはアーケードの麻雀ゲームに登場した時に付けられたものですが、それにしても全知全能の神ですからね。

 

デジタル派雀士としてもよく知られていますが、近年流行の「統計デジタルによる戦術」とは違い、「ツキのような行き当たりばったりのように思えるようなことではなく、思考に基づいて手法を選ぶ」ということがどういうことかを学ぶ動画をチョイスしてみました。

 

【ネタバレ注意】

こちらの動画では鈴木たろう選手の思考を観ることができる動画です。

トッププロがどういったことを考えながら麻雀をすすめているかを知ることができるのでとても参考になりますよ。

 

 

【ネタバレ注意】

七対子聴牌からのリーチまで注目。

これぞまさにゼウス!!

 

 

こちらはMリーガーの鈴木たろう選手に密着取材動画。

「ゼウスの選択」と呼ばれる雀士の素顔に迫ります。

 

にしても、デレデレしてますわw

気になる方は動画をチェック!

 

鈴木たろう選手の年収、出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀世界大会準優勝や雀王決定戦三連覇の記録などのタイトルを持つ鈴木たろう選手。

今年は自身のユーチューブチャンネルも開設し、年収も大きく増える飛躍の年になるかもしれません。

 

「ゼウスの選択」という愛称や麻雀たろうと呼ばれていたことから鈴木たろう選手がとても麻雀が好きで、更に麻雀トッププロの中でもかなりの実力者であるといえるのではないでしょうか。

 

鈴木たろう選手が所属する赤坂ドリブンズは、エムリーグでは2018シーズンは優勝したものの、2019シーズンではレギュラーシーズン7位という不本意な結果に終わってしまいました。

2020シーズンはエムリーグのチャンピオン返り咲きを目指し、更に熱い戦いを繰り広げてくれるのではないかと期待しています。

 

今後の鈴木たろう選手の活躍がとても楽しみです!

エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!が気になる方はこちらのリンクからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA