二階堂亜樹/麻雀プロの年収は?出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロの二階堂亜樹さんは日本プロ麻雀連盟に所属しており、AbemaTVで開催されているMリーグのEX風林火山からドラフト指名を受け、Mリーガーとして出場が決まっています。

ところで麻雀プロの年収ってどれくらい稼げるのか気になったことありませんか?

 

麻雀好きなら年収によってはプロを目指したいと思う方もいるかもしれませんね。

この記事では、麻雀プロである二階堂亜樹選手の年収をはじめ、出身や結婚の有無などの経歴をまとめています。

 

二階堂亜樹選手は最年少女子プロとして注目を集めたトッププレイヤー、そんな麻雀プロの年収はいくらくらいなのでしょうか?

 

二階堂亜樹選手のプロフィール

ここから二階堂亜樹選手のプロフィールをご紹介します。

 

名前:二階堂亜樹
生年月日:1981年11月15日
出身地:神奈川県鎌倉市
血液型:O型
1999年に日本プロ麻雀連盟に所属
姉は同じ麻雀プロの二階堂瑠美選手

二階堂亜樹選手の年収は?

麻雀プロな中でもトッププロである二階堂亜樹選手の年収っていくらくらいあると思いますか?

実は二階堂亜樹選手の年収については具体的な情報があります。

 

2011年にアンジャッシュ児嶋さんが運営するブログ「こじまーじゃん」で、馬場裕一さんをゲストに迎えたときに馬場裕一さんが以下のように回答したと記載があります。

バビィ:ちょっと前に二階堂亜樹ちゃんが、あるテレビの企画で年収を公表してたんですけど、たしか1000万を楽々超えていたかな?

児嶋:マジですか!やっぱ現役の中では亜樹プロがトップなんですか

バビィ:じゃないですかね~。たぶん

引用元:こじまーじゃん

 

情報自体は2011年のものなので少し古いですが、二階堂亜樹選手の年収を予想するうえで大事な情報といえるでしょう。

さらに2018年からМリーグの選手として活躍されていることから、Мリーグの年収だけで400万円以上あることは確定しています。

 

それはエムリーグにおける選手の最低年棒は400万円以上という規定があることから間違いありません。

Мリーグが始まる以前から年収1,000万円以上あったことと、Мリーグの最低年棒は400万円以上あるということ。

 

この2つの情報から、

僕の予想では年収1,000万円と予想しています。

 

え?と思った方も多いのでは?

単純に考えれば先述の情報から1,000万円以上あるといえそうですが、僕の考えではそこまでないのでは?と考えています。

 

年収の算出根拠は?

ここからは二階堂亜樹選手の年収が1,000万円以上と予想している根拠について解説します。

 

エムリーグでの年棒

まず、Mリーグの年棒を予想していきます。

Мリーグでは最低年棒が設けられていて、その金額は400万円です。

 

二階堂亜樹選手は2018年のMリーグのドラフト会議にてEX風林火山から1位指名されています。

女子の麻雀プロの中でもトップレベルのプレイヤーである二階堂亜樹選手をドラフト会議で1位指名し、年棒が最低年棒の400万円とはとても考えにくいのではないでしょうか。

 

僕の予想では、EX風林火山からの年棒は600万円と予想します。

 

麻雀のタイトル賞金

麻雀のタイトル戦による賞金は300万から10万円ほどまでと幅が広いのですが、二階堂亜樹選手の過去の成績から考えるとタイトル賞金を獲得する可能性は十分にあると考えられます。

そこで、タイトル戦による賞金の獲得金額を100万円と予想します。

 

ちなみにMリーグの優勝賞金は5,000万。

Mリーグを優勝するだけで年収に大きく影響するのは間違いないですね!

 

メディア出演料など

二階堂亜樹選手の場合、このメディア出演料が他の麻雀プロよりもずば抜けて多いのは先述の情報から考えても間違いないでしょう。

デビュー当初から美人雀士として多数のメディアに出演し、人気を博してきました。

 

また、ご自身の著書による印税やゲームなどの版権料も年収に大きく影響を与えているはずです。

更に二階堂亜樹選手は麻雀だけでなくパチプロとしても有名です。

 

麻雀関係のメディア出演とパチンコ、パチスロ関連のメディア出演。

さらにはゲスト出演などのギャラや印税、版権料を考えると、1年間で300万円以上稼いでいるのではないかと考えています。

 

2011年はMリーグの年棒抜きで年収が1,000万円以上だったことを考えると、もう少し稼いでいるようにも思えますが、

 

  • 二階堂亜樹選手のプライベート問題
  • 他の若手女子プロの存在

 

この2つが観点から、現在ではそこまで年収は高くないのではないかと考えています。

美人雀士として一世を風靡した二階堂亜樹選手ですが、寄る年の波には勝てないことと他の若手の女子麻雀プロがアイドル級に可愛い子が増えていることから、全盛期より出番が減ったのではないでしょうか。

 

また、後述する結婚歴についてで詳細をお伝えしますが、自身のプライベートの問題も大きく影響を与えている可能性があります。

 

二階堂亜樹選手の経歴紹介

1999年に日本プロ麻雀連盟のプロテストに合格。

テレビ対局デビューとなった電影大王位決定戦では、「最年少女子プロ」のキャッチフレーズで脚光を浴び、その後も「卓上の舞姫」という愛称で大人気の二階堂亜樹選手ですが、一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか。

 

二階堂亜樹選手の学歴

二階堂亜樹選手は、中学校卒業後、高校へは進学していません。

実家の家業が雀荘であったということもあり、幼い頃から麻雀に親しんでいたそうで、中学3年生の頃にはすでに雀荘を転々としていたそうです。

 

中3から雀荘を転々としていたとは、なかなかのツワモノですね!

しかし、これが二階堂亜樹選手の強さの要因の1つかもしれないですね。

 

二階堂亜樹選手の結婚歴

二階堂亜樹選手は、2013年に結婚、出産をされています。

お相手は同じ麻雀プロの井出康平選手で、お二人の間には娘さんが1人いらっしゃいます。

 

しかし、2019年に離婚。

原因は二階堂亜樹選手による不倫によるものとされています。

 

不倫相手と言われているのが、Mリーグで同じEX風林火山のチームメイトである勝又健志選手

事の発端は2019年6月14日に発売されたフライデーに不倫現場の写真を掲載されてしまいました。

 

その後、2人は離婚し、親権は井出選手が持っているようです。

二階堂亜樹選手は不倫の事実はなかったと言っていますが、井出選手は不倫があったことを肯定する発言も。

 

二階堂亜樹選手はフライデーに対して法的措置をとるという発言などもあり、離婚は成立していますが、完全に泥沼化しているようです。

不倫相手が同じ麻雀プロで、更にMリーグの同じチームメイトだったこともあり、二階堂亜樹選手へのバッシングは大きなものとなり、彼女のイメージダウンは免れませんでした。

 

あとは当事者で解決するしかないのでしょうが、娘さんもまだ小さく、多感な時期だと思うので、早期解決を願うしかないですね。。

 

二階堂亜樹選手のタイトル歴

二階堂亜樹選手は、一時はテレビ対局で肝心な場面での勝負弱さから結果として3位となることが多かったために「永遠のブロンズコレクター」などと皮肉られることもありましたが、現在では女子の麻雀プロの中でもトップレベルの実力者で、数多くのタイトルをお持ちです。

二階堂亜樹選手が獲得したタイトルは、

 

  • プロクイーン(第3期)
  • モンド21王座決定戦(第3回)
  • 女流桜花(第2期、第3期)
  • S-1 GRAND PRIX(第6シーズン)
  • 麻雀格闘倶楽部〜雲蒸龍変(第5回)
  • 麻雀最強戦2014女流プロ代表決定戦
  • 2016ロンロンカップ オータム
  • 女流モンド杯(第14回)
  • 麻雀最強戦2017女流プロ代表決定戦
  • 女流プロ麻雀日本シリーズ2017
  • 麻雀最強戦2020 最強「M」トーナメント 優勝

 

実力も知名度も十分な二階堂亜樹選手でしたが、女流モンド杯だけはなかなか獲ることができずに苦戦していました。

2016年にこの女流モンド杯のタイトルを獲得し、名実ともに間違いなく女流プロのトップに君臨したといえるでしょう。

 

二階堂亜樹選手の半生を実写映画化

二階堂亜樹選手の壮絶な人生を描いたコミックス「aki」が2017年に実写映画化されています。

主演はドラマや雑誌などで大人気の岡本夏美さん。

 

実在する雀士の映画って、二階堂亜樹選手くらいしかありません。

それくらい人気で、影響力があるってことですね!

 

二階堂亜樹選手の試合動画紹介

ここでは二階堂亜紀選手の雀風を感じることができる動画をご紹介します。

二階堂亜樹選手の愛称は「卓上の舞姫」。

 

麻雀の師は、姉の二階堂瑠美選手と同じ故安藤満プロ。

打ち筋においてはドラを非常に大切にすることで知られており、二階堂亜樹選手へ与えた影響も大きいのではないでしょうか。

 

そんな二階堂亜樹選手の雀風が感じられる動画はこちら。

 

【ネタバレ注意】

やはり師匠の教えは守っているのか、と思えるようなドラを大切にしています。

やはり恋人は一途に待つのが正解なんでしょうかww

 

 

【ネタバレ注意】

コチラの動画は、メディア出演が多い二階堂亜樹選手の魅せる麻雀を観ることができます。

見る側を意識していることは、ファンを大切にしているということですよね(^^)

 

二階堂亜樹選手の年収、出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロのトップに君臨する二階堂亜樹選手ですが、その半生は想像を絶するほどの人生を歩まれています。

近年では若手の女性プロの活躍等により、最盛期とまではいきませんが、まだまだ「卓上の舞姫」は健在です。

 

今回の年収予想では1,000万円と予想しましたが、今後のMリーグでの活躍によっては大きく年収を伸ばす可能性も十分にあります。

さらにMリーグの発足により、麻雀業界はまだまだこれからもっと発展していくと思いますので、麻雀プロも様々なニーズがあるでしょう!

 

個人的にも20歳の頃からずっと好きな選手ですので、今後の二階堂亜樹選手の活躍を願っています!!

エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!が気になる方はこちらのリンクからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA