勝又健志/麻雀プロの年収は?出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロの勝又健志さんは日本プロ麻雀連盟に所属しており、AbemaTVで開催されているMリーグのEX風林火山からドラフト指名を受け、Mリーガーとして出場が決まっています。

ところで麻雀プロの年収ってどれくらい稼げるのか気になったことありませんか?

 

麻雀好きなら年収によってはプロを目指したいと思う方もいるかもしれませんね。

この記事では、麻雀プロである勝又健志選手の年収をはじめ、出身や結婚の有無などの経歴をまとめています。

 

麻雀IQ220との異名を持つ麻雀プロの年収はいくらくらいなのでしょうか?

また、麻雀界に衝撃を与えたあの女性麻雀プロとの関係についても触れていきます。

 

勝又健志選手のプロフィール

ここからは勝又健志選手のプロフィールについてご紹介します。

 

名前:勝又健志
生年月日:1981年3月15日
出身地:東京都墨田区
血液型:B型
日本プロ麻雀連盟に所属

勝又健志選手の年収は?

まずは、早速みなさんの好きなお金の話をしていきましょう。

まず勝又健志選手はMリーガーなので、間違いなく年収400万円は確定しています。

 

それはMリーグにおける選手の最低年棒は400万円以上という規定があることから間違いありません。

しかし、僕の予想では勝又健志選手の場合はそれ以上にもらっていると考えています。

 

では、いくらくらいもらっているのか?

僕の予想では、年収900万と予想しています!

 

年収の算出根拠は?

ここからは勝又健志選手の年収を900万と予想している根拠について解説します。

 

Mリーグでの年棒

まず、Mリーグの年棒を予想していきます。

Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

 

勝又健志選手はMリーグのドラフト会議でEX風林火山から3位指名をもらっています。

僕の予想では、EX風林火山からの年棒は600万円と予想します。

 

麻雀のタイトル賞金

麻雀のタイトル戦による賞金は300万から10万円ほどまでと幅が広いのですが、勝又健志選手の過去の成績から考えるとタイトル賞金を獲得する可能性は十分にあると考えられます。

そこで、タイトル戦による賞金の獲得金額を100万円と予想します。

 

ちなみにMリーグでの優勝賞金は5,000万円!

チームで5,000万円なので仮に手元に入ったのが10%だったとしてもそれだけで500万円。

 

Mリーグの賞金が勝又健志選手の年収を大きく左右する可能性は高いですね!

 

メディア出演料など

雑誌やテレビなどのメディア出演や出稿などのギャラも年収に大きく影響を与えます。

勝又健志選手は、解説者としても定評があり様々な麻雀番組の解説としても活躍されています。

 

勝又健志選手は自著の本も発売されていることから、メディア出演料等のギャラも含めて1年間で200万円ほどもらっているのではないかと予想します。

勝又健志選手の経歴紹介

2000年の大学在学中に麻雀のプロテストに合格し、日本プロ麻雀連盟に所属。

麻雀に関する知能指数が他のプロを寄せ付けない圧倒的な量であることから「麻雀IQ220」のニックネームを持つ勝又健志選手ですが、一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか。

 

勝又健志選手の学歴

勝又健志選手は、中学から大学まで早稲田に進学し、卒業をされているスーパーエリートです。

なんと大学1年生の時に、プロテストに合格し、麻雀プロ入り。

 

中学時代に麻雀を始めて以来、月単位で負け越したたことは人生で2回しかないという強者だそうです。

大学進学後は強者を求めて雀荘に入り浸り若手プロ雀士たちとの交流も始まったとのこと。

 

大学卒業後は、麻雀プロのかたわら塾の講師をしていた経験もあり、その経験から解説者としても素早く選手の思考を拾う丁寧な分析を加える解説だと好評です。

それにしても、高学歴の麻雀プロはほんとに多いですね~。

 

早稲田大学出身といえば、同じMリーガーに村上淳選手瑞原明奈選手もいらっしゃいますね!

 

ちなみに麻雀との出会いは小学生の頃。

父親の影響でルールを覚えたことがきっかけだそうです。

 

勝又健志選手の結婚歴

勝又健志選手は、結婚をされていて、奥様がいらっしゃるそうです。

検索をしてみてもこれ以上の情報はわかりませんでした。

 

それよりも麻雀界を揺るがしたあのニュースに関する情報ばかり。。。

実は2019年に同じMリーグのEX風林火山に所属する二階堂亜樹選手とW不倫しているというスクープが。。。

 

この件に関し、二階堂亜樹選手は不倫を否定しましたが、結局は離婚されています。

勝又健志選手からはこの件に関する発言は無し。

 

勝又健志選手側の離婚報道はないので、離婚はされていないと思われます。

この件が事実であったかどうかは、当事者のみぞ知るところでしょうが、火のないところには煙はたたないだろうしなぁ、と思っています。

 

勝又健志選手のタイトル歴

勝又健志選手はMリーグで指名されるほどの実力を持つ麻雀のトッププロの一人です。

そんな勝又健志選手のタイトルは、

 

  • 麻雀グランプリMAX(第2回)
  • 鳳凰位(第32期)

 

特に2011年の自身初となるタイトル「麻雀グランプリMAX」では、伝説の雀士である故小島武夫氏などを抑えて優勝しました。

 

勝又健志選手の試合動画紹介

ここからは勝又健志選手の雀風がわかる動画をご紹介します。

麻雀に関する知能指数が他のプロを寄せ付けない圧倒的な量であることから「麻雀IQ220」のキャッチフレーズをもつ勝又健志選手はどのような麻雀をされるのでしょうか。

 

 

【ネタバレ注意】

トップを決定づけるエムリーグ初の三倍満炸裂。

こうやってみるとプロの打ちまわしってホント凄いですよね~。

 

【ネタバレ注意】

こちらはMリーガーの勝又健志選手に密着取材動画。

麻雀軍師と呼ばれる男の素顔に迫ります。

 

勝又健志選手の年収、出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀IQ220と呼ばれる勝又健志選手は、高学歴の麻雀プロで、今後も活躍が期待されるトッププロの一人です。

最近では、麻雀プロの若手育成のために活動もされており、麻雀界全体の発展を考えられています。

 

Mリーグ発足前までは麻雀に勝つことだけを考えてきそうですが、Mリーグをきっかけにその意識が変化してきたといいます。

それは、自分を応援してくれるファンの存在とその方たちへの恩返しだそうです。

 

少しでもファンの方に喜んでもらえるように、麻雀界が発展するようにどうしたらよいのかを考えるようになり、SNSを始めるなど積極的に活動されています。

 

今回の年収予想では900万円と予想しましたが、今後のエムリーグでの活躍によっては大きく年収を伸ばす可能性も十分にあります。

今後の勝又健志選手の活躍がとても楽しみです!

 

エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!が気になる方はこちらのリンクからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA