白鳥翔/麻雀プロの年収は?出身や結婚の有無などの経歴まとめ

麻雀プロの白鳥翔さんは日本プロ麻雀連盟に所属しており、AbemaTVで開催されているMリーグの渋谷ABEMASからドラフト指名を受け、Mリーガーとして出場が決まっています。

ところで麻雀プロの年収ってどれくらい稼げるのか気になったことありませんか?

 

麻雀好きなら年収によってはプロを目指したいと思う方もいるかもしれませんね。

この記事では、麻雀プロである白鳥翔選手の年収をはじめ、出身や結婚の有無などの経歴をまとめています。

 

「供託泥棒」の異名を持ち、慶應義塾大学出身の高学歴な麻雀プロの年収はいくらくらいなのでしょうか?

また、麻雀界に衝撃を与えたあの女性との関係もお伝えします!

 

白鳥翔選手のプロフィール

ここからは白鳥翔選手のプロフィールについてご紹介します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

サマソニ感。

白鳥 翔(@jpml_shochan0827)がシェアした投稿 –

名前:白鳥翔
生年月日:1986年8月27日
出身地:東京都練馬区
血液型:A型
愛称:しょーちゃん
日本プロ麻雀連盟に麻雀のプロとして入会

白鳥翔選手の年収は?

では、早速みなさんの好きなお金の話をしていきましょう。

まず白鳥翔選手はMリーガーなので、間違いなく年収400万円は確定しています。

 

それはMリーグにおける選手の最低年棒は400万円以上という規定があることから間違いありません。

しかし、僕の予想では白鳥翔選手の場合はそれ以上にもらっていると考えています。

 

では、いくらくらいもらっているのか?

僕の予想では、年収1000万と予想しています!

 

年収の算出根拠は?

ここからは白鳥翔選手の年収を800万と予想している根拠について解説します。

 

Mリーグでの年棒

Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

白鳥翔選手はMリーグのドラフト会議で渋谷ABEMASから2位指名をもらっています。

 

渋谷ABEMASといえば、母体企業はサイバーエージェント。

サイバーエージェントといえば、AbemaTVを運営している企業で、Mリーグ発足に大きくかかわった企業です。

 

そんな企業が運営するチームから2位指名を受けた白鳥翔選手が、最低年棒の400万円とは考えにくいですよね!

僕の予想では、渋谷ABEMASからの年棒は700万円と予想します!

 

麻雀のタイトル賞金

麻雀のタイトル戦による賞金は300万から10万円ほどまでと幅が広いのですが、白鳥翔選手の過去の成績から考えるとタイトル賞金を獲得する可能性は十分にあると考えられます。

そこで、タイトル戦による賞金の獲得金額を100万円と予想します。

 

ちなみにMリーグ2019シーズンでは白鳥翔選手が所属する渋谷ABEMASは3位という結果で、賞金1,000万円を獲得しています。

チームで1,000万円なので仮に手元に入ったのが10%だったとしてもそれだけで100万円。

 

Mリーグの賞金が白鳥翔選手の年収を大きく左右する可能性は高いですね!

 

メディア出演料など

雑誌やテレビなどのメディア出演や出稿などのギャラも年収に大きく影響を与えます。

白鳥翔選手は自著の本も発売されていることから、メディア出演料等のギャラも含めて1年間で200万円ほどもらっているのではないかと予想します。

 

週刊誌FLASHの記事による情報

詳細は後述しますが、白鳥翔選手はある女性との交際について週刊誌FLASHから報道されています。

そのときの麻雀関係者の言葉として、白鳥翔選手の年収が1000万円を超えているという話があがっています。

 

もともと麻雀のトッププロの年収は1000万円から1500万円といわれているのでこの記事内での発言は信ぴょう性があるといえます。

僕の予想した白鳥翔選手の年収は1000万円という予想も大きく外れてないのではないでしょうか。

白鳥翔選手の経歴紹介

2006年の大学在学中に麻雀のプロテストに合格。

供託があるときは、供託狙いをするそのスタイルから「供託泥棒」のニックネームを持つ白鳥翔選手ですが、一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか。

 

白鳥翔選手の学歴

白鳥翔選手は、中学から大学までを慶應義塾で学ばれています。

中学から慶應義塾ってことは、頭が良くて、裕福な家庭だったんでしょうね!

 

麻雀との出会いは小学生の時だったそうです。

2006年の大学在学中に日本プロ麻雀連盟に所属し、麻雀プロ入り。

2011年度には同団体のA2リーグに最年少記録で昇級。

 

慶応義塾大学といえば、同じMリーガーで赤坂ドリブンズに所属する園田賢選手も慶應義塾大学出身でしたね!

やっぱり麻雀プロって高学歴多いなぁ。。

 

白鳥翔選手の結婚歴

白鳥選手は、結婚をしておらず独身です。

しかし、2020年4月に同じ麻雀プロでMリーガーのKADOKAWAサクラナイツに所属する岡田紗佳選手との熱愛報道がでて、麻雀界に衝撃を与えました。

 

白鳥選手、岡田選手、両名とも自身のSNSでこの報道について交際を認める発言をし、さらに結婚を前提とした真剣交際ということも発覚しました。

いまのところはまだ未婚で独身の白鳥翔選手ですが、結婚はすぐそこかもしれませんね!

 

ちなみに彼女である岡田選手は役満ボディと公言しているグラビアモデルでもあります。

いやはや、なんとも羨ましいですね!

 

白鳥翔選手のタイトル歴

白鳥翔選手はMリーグで指名されるほどの実力を持つ麻雀のトッププロの一人です。

そんな白鳥翔選手のタイトルは、

 

  • 麻雀マスターズ(第24期・25期)
  • モンド杯(第18回)
  • 發王戦(第28期)

 

直近では、第28期發王戦で最終半荘でトップを取った者がほぼ優勝という大接戦を制し、自身初となる同タイトルを獲得されています。

 

Mリーグで史上初四暗刻単騎を和了

白鳥翔選手は、2019年12月12日にMリーグ史上初の四暗刻単騎を和了しています。

そのときの動画を見つけましたのでご紹介します。

 


【ネタバレ注意】

実況の日吉辰也プロの熱量にも注目ですw

 

白鳥翔選手の試合動画紹介

ここからは白鳥翔選手の雀風がわかる動画をご紹介します。

手牌と状況によって門前・鳴きと使い分ける対応型で守備寄りの打ち手であり、「供託泥棒」のキャッチフレーズをもつ白鳥翔選手はどのような麻雀をされるのでしょうか。

 

【ネタバレ注意】

こちらの動画では白鳥翔プロの思考を観ることができる動画です。

トッププロがどういったことを考えながら麻雀をすすめているかを知ることができるのでとても参考になりますよ。

 

 

【ネタバレ注意】

Mリーガー同士のカップルならこういうこともありえますよねw

麻雀勝負に交際は関係ないと宣言している2人のバチバチな戦いは見ものです。

それにしても、跳満確定したあとすぐに岡田選手が振り込んでしまうとは、何とも運命のいたずらを感じますww

 

 

【ネタバレ注意】

こちらはMリーガーの白鳥翔選手に密着取材動画。

「供託泥棒」と呼ばれる男の素顔に迫ります。

 

白鳥翔選手の年収、出身や結婚の有無などの経歴まとめ

超高学歴で、グラビアアイドル兼Mリーガーである彼女もいて順風満帆そうに見える白鳥翔選手ですが、実は精神的に弱く過去にはパニック障害になったこともあります。

今でも麻雀プロとして人前に立つなど、極度に緊張するときはパニック障害の症状がでることもあるそうですが、それでも麻雀プロとして戦い続けている白鳥翔選手はカッコいいですね!

 

また、麻雀界の中でも独特なファッションセンスの持ち主で、服装だけでなく、ヘアカラーも金や銀など、よく変更されることで有名です。

麻雀の試合などで見るたびに、白鳥翔選手のファッションや髪色にも注目ですね(^^)

 

白鳥選手が所属する渋谷ABEMASは2018シーズン、2019シーズンではファイナルシリーズで惜しくも3位という結果でしたが、チームの実力は優勝してもおかしくありません。

その渋谷ABEMASをけん引している白鳥翔選手のこれからの活躍が、Mリーグ2020の結果に大きく影響することは間違いありませんね!

 

今後の白鳥翔選手の活躍がとても楽しみです!

エムリーグ2020シーズンの優勝者は?ランキングとMVP予想!が気になる方はこちらのリンクからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA